総量規制とは

改正貸金業法の総量規制とは具体的にどういった規制なのか、それは個人の借り入れの限度額を年収の三分の一までに制限する仕組みです。

一部、住宅ローンなどの総量規制の対象外に制定されている借り入れもありますが、基本的には自分の年収の三分の一を超えてしまう借り入れはできません。

この規制は多重債務者を減らすために制定されました。借り入れの限度額を設定してしまうことで、返済が困難な借り入れをする人は少なくなります。たとえば年収が六百万の人なら、いくら複数のカードを作っても二百万円までしかお金を借りることができません。

ただしこの規制には問題もあります。それは正規の金融会社から限度額を借りきってしまった人が、違法な闇金に流れてしまうことです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ