総量規制が廃止される可能性は?

総量規制については今後撤廃される可能性もあります。実は、国会議員の一部の人たちが会派を作って撤廃に向けて動き出しているからです。なぜかといえば、やはり、総量規制によって問題がいろいろと表面化してきたからだと言われています。

一番大きな問題は、本当にお金が必要な人たちが、総量規制によって正規の金融機関から借りる事ができず、闇金融などで高金利の融資を受けている実態が指摘されていることです。
総量規制によって年収の三分の一しか借り入れができなくなるということは、年収が低い人ほど借入額が低く抑えられてしまうということです。

しかし、実際には年収が多かろうが少なかろうが生きていく上で必要なお金は変わりありません。だから、必要なお金を工面できない人は、やむなく闇金に走ってしまうわけです。もっと社会のセーフティネットが整備されていれば良いのかもしれませんが、生活保護などの実態を見る限りはそこまで期待することも難しいのが現状です。

そうしたことを背景にに総量規制の撤廃を求める声が上がっており、国会議員が動く状況になっています。手始めに、アコムやプロミスなどの大手の消費者金融などがクリア可能な条件を設定し、そこをクリアした貸金業者であれば総量規制対象外にするという方向で話は進んでいるようです。

しかし、現状では厳然として存在する規制ですので、借り入れ先は慎重に選ぶことが重要です。第一に銀行、第二に大手消費者金融という選択肢が優先事項といえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ